技術紹介

スクリーン印刷

 スクリーン印刷は、膜厚が一番厚く出来る方法です。プラスチック・合成樹脂・金属など、ほとんどどのような素材にも印刷ができます。また、平面ばかりではなく、瓶やコップのような円筒形・円錐形、さらには曲面にも印刷でき、弊社では、容器ボトルへの印刷も得意としています。

パット印刷(タンポ印刷)

パット印刷は、インクをパットで転写して印刷をする方法です。そのため、凸面や凹面等シルク印刷で出来ない形状への印刷が可能です。弊社では、二色機による印刷の位置ズレの軽減にも取り組んでいます。ボールペンのキャップや、パチンコ部品や、化粧品容器などにも印刷しています。

ホットスタンプ

ホットスタンプは、化粧品容器などによく使われ、一般に箔と呼ばれる金属や、顔料を塗布したフィルムを使用します。金属箔では、そのまま製品表面に転写されるので、インキでは出来ないような金属光沢が得られます。また箔は溶剤を使用しないので、乾燥工程も不要となり、環境に優しい印刷技術といえます。弊社では、平面だけでなく、曲面のスタンプも可能です。

フレーム処理

プラスチック表面を回転又は移動させながらガスの炎であぶり、表面の分子に酸素結合又は二重結合を導入します。この処理によって、プラスチックにインクの密着をさせることができます。

カッティングTシャツ・ステッカー作成

あなただけのオリジナルTシャツや、ステッカーををお作りします。お問い合わせ下さい。

インクジェット印刷

ミマキ製インクジェット印刷機を導入しました。フルカラーで、版を作らなくてよいので、小ロット、早期納入に対応できます。

↑ ページの上部へ

プログレス工芸株式会社

〒376-0825
栃木県足利市中川町3758-2 Tel:0284-73-3788
Fax:0284-73-7376